ED治療薬の種類と違い、通販で購入する方法

EDって何?

EDになってしまった男

男性にとって最も避けたい症状と言っても過言ではないのが「ED(勃起不全)」でしょう。

性行為をする際、男性のペニスが充分に勃起していなければ満足いく行為をすることができません。

自身が気持ち良くなることはもちろん、パートナーを気持ち良くさせるためにも重要なことです。

健康な男性であれば、外部から性的刺激を受けることで自然に勃起するため、性行為をするとなっても特に困ることはないでしょう。

ですが、さまざまな条件により、何の前触れもなく急にペニスが勃たなくなってしまうことがあります。

これがEDと呼ばれるもので、性的刺激を受けても正常に勃起できなくなってしまうのです。

男性としてのシンボルでもあるペニスが勃起しなくなってしまうこと自体に大きなショックを受ける人もいますし、パートナーと満足に性行為できなくなってしまうことにショックを受ける人もいます。

また、ペニスがこのような状態になってしまうことにより、パートナーからバカにされてしまうのではないかと不安に陥る人も多く、それによって自信を失ってしまったり、恋愛や性行為に対して自ら遠のく人も少なくありません。

男性にとってEDは避けたい症状ではあるものの、加齢などのどうしようもない原因によっても起こる可能性があります。

ただ、EDはED治療薬を使って改善することができます。

現在は3種類のED治療薬およびそれぞれのジェネリック医薬品がありますので、仮にEDになってしまったとしてもすぐ対処することができるので安心してください。

ペニスが勃起する仕組み

ペニスが勃起する仕組みを解説する医者

アダルト動画を見る、異性の裸を見るなど、さまざまな性的刺激によって男性のペニスは勃起します。

ひとつの生理現象としてもはや当たり前のことで、ふだんからなぜペニスが大きく、そして硬くなるのかを考えたことがある人は少ないと思います。

しかし、今回はEDやED治療薬のことをより深く知るためにも、まずなぜ勃起するのかについて覚えておきましょう。

男性が外部から性的刺激を受けたとき、脳にある中枢神経や末梢神経のはたらきにより、興奮を教える信号が発せられます。

これによって血管が拡張し、ふだんよりも血液の流れが活発になります。

血流が良くなると、ペニス内部にある海綿体に流れる血液の量も増えるのですが、これによって海綿体が大きく膨張します。

海綿体はペニスの内部の大半を占める器官となっているため、海綿体が膨張すれば自然とペニス自体も大きく、そして硬くなるのです。

これが勃起の仕組みになりますので、知らなかったという人は頭の片隅にでも置いておきましょう。

EDの症状

EDの症状について話す医者

EDに関する詳しい説明は後ほどしますが、EDというのはさまざまな原因によってペニスが満足に勃起しなくなる状態を指します。

ここでよく勘違いしている人がいるのですが、EDを「性的刺激を受けても勃起しなくなる」ことだと思っていませんか?

EDは「正常に勃起させることができず、満足に性行為ができない状態」と定義されています。

もちろんみなさんが思っているような「まったく勃起しなくなる」というのもEDです。

しかし、満足に性行為ができない勃起状態のことを指すため、EDには「勃起するまでに時間がかかる」「勃起しても大きさや硬さが不十分」「挿入途中でも意志に関係なく萎えてしまう」などの状態も含まれます。

男性はその日の体調などによっても勃起状態が左右されるため、日によってはうまく勃たないこともあります。

そのため、勃起するまでに時間がかかってしまうなどの症状が出たとしても、「今日は体調が優れないんだな」と軽視してしまうケースが多いのです。

ですが、これもEDの可能性がありますので、勃起に関してふだんと違う点がある場合は注意しましょう。

EDかどうかを判断する基準としては、日をまたいで3回以上連続で同じ症状が出るかどうかを意識してみてください。

もし何回も連続でうまく勃起できないというのであれば、それは残念ながらEDになってしまっている可能性が高いです。

EDには種類がある

EDになって落ち込んでいる男

さて、ペニスが満足に勃起しなくなってしまうEDですが、これには種類があることをご存知でしょうか。

どの種類のEDになったとしてもうまく勃起できなくなってしまうことは同じですので、男性にとって大きな精神的ダメージになることは変わりません。

ですが、EDの種類によって原因は違うため、自身がどの種類のEDになっているかを知ることで、同時に適切な対処方法を知ることもできるのです。

EDの種類は主に3種類で、「器質性ED」「心因性ED」「薬剤性ED」となっています。

簡単に説明しておくと、肉体的な問題によってEDになってしまうのが器質性ED、精神的な問題によってEDになってしまうのが心因性ED、医薬品の副作用によってEDになってしまうのが薬剤性EDです。

それぞれ原因が違うため、正しくEDを改善するためにも、まず自分がどの種類のEDになっているのかを理解しておきましょう。

EDは自分で改善できるけど…

不健康そうな食生活の男

器質性ED、心因性ED、薬剤性EDと種類はありますが、EDの原因として最も多いのは日頃の生活習慣によるものです。

例えば、社会人となって一人暮らしを始めた男性がいるとしましょう。

最初のうちは仕事を覚えるのに精一杯で、まだ仕事に慣れていない分、何をするにしても時間がかかってしまうはず。

当然1日の仕事が終わった頃にはクタクタになりながらの帰宅になると思います。

慣れない一人暮らしに加え、肉体的にも精神的にも疲れている状態では自炊する気になれないことも多いと思います。

こういったとき、コンビニなどでお弁当を買って手軽に夕飯を済ませる人も少なくないでしょう。

コンビニの弁当が悪いというわけではなく、自分の好きなものを選んでいるために栄養バランスを考えていないことが多く、それによって偏った食生活になってしまうケースが多いのです。

また、残業などが続けば睡眠時間は削られていくでしょうし、ストレスを晴らすために喫煙や飲酒を毎日する人も多いと思います。

ですが、こうした悪い生活習慣が身についてしまうと、動脈硬化などの生活習慣病に陥りやすくなってしまい、それによってEDを引き起こす恐れがあるのです。

現代男性がEDになってしまう理由として多いのがこうした生活習慣の乱れなのですが、逆に言えば生活習慣を改善すればEDは治すことができるということです。

仕事やプライベートが大変だとは思いますが、徐々にでも生活習慣を正しいものへ改善していきましょう。

とはいえ、体に馴染んでしまった生活習慣を改善するのは一筋縄ではいきません。

数日でなんとかなる問題ではなく、生活習慣の改善には何年もかかってしまうこともあるでしょう。

では、生活習慣の改善が済むまで、満足に勃起できない状態のまま退屈な毎日を過ごさなければいけないのでしょうか。

ED改善にはED治療薬を使おう

ED治療薬をすすめる医者

生活習慣の乱れが原因となってEDに陥るケースが多いため、その生活習慣を改善することでED改善にもつなげることができます。

しかし、馴染んだ生活習慣を改善するためにはかなりの時間を必要とします。

そこで、冒頭でも言いましたが、EDを改善したい場合はED治療薬を使っていくといいでしょう。

ED治療薬はその名のとおり、EDを治療するための医薬品です。

EDが現代男性にとって大きな問題となっていることもあり、最近ではED治療を専門としている医療機関が数を増やしています。

こうした医療機関へ行って医師に相談すれば、適切な診察やアドバイスをしたうえでED治療薬をすぐ処方してくれますよ。

ただし、ED治療薬はEDを改善するのに最適な医薬品ですが、1度使用したからといってEDを完治してくれるわけではありません。

あくまでも効果が持続している間での一時的な処置となりますので、ED治療薬を使っているからといって安心しきるのではなく、同時に生活習慣の改善も進めていきましょう。

現在、世界的に認可されているED治療薬は3種類です。

それがバイアグラ、レビトラ、シアリスで、これらをまとめて「3大ED治療薬」と呼んでいます。

どれもEDに対して高い効果を発揮してくれるのですが、それぞれが違った特徴を持っています。

みなさんの目的やEDの状態によって使用すべきED治療薬が変わってくるので、まずは3大ED治療薬についての理解を深めておきましょう。

3大ED治療薬で改善!

バイアグラは世界初のED治療薬

バイアグラ

ED治療薬に限らず、すべての医薬品の中でもトップクラスの知名度を誇るのが「バイアグラ」です。

大手製薬会社であるファイザー社が開発・販売するED治療薬であり、同時に世界で初めて認可を受けたED治療薬でもあります。

バイアグラが登場したことにより、それまでEDに頭を抱えていた男性でも、症状を改善させて再び性行為を楽しめるようになりました。

バイアグラはしっかりEDを改善してくれることはもちろんなのですが、勃起力の高さにも定評があります。

勃起力というのは勃起したときの大きさや硬さ、持続性などを総合して指す言葉なのですが、男性にとってこれは重要なことですよね。

より大きく、そして硬く勃起できるかどうかが一種のステータスだと言われることも多いですし、パートナーを満足させるためにも大切なことです。

もし勃起時の大きさや硬さにコンプレックスを抱いているというのであれば、バイアグラを使ってED治療をしてみてはいかがでしょうか。

また、EDは男性特有の症状ですので、当然ED治療薬を使用するのは男性です。

しかし、バイアグラの高い効果に注目し、女性の不感症治療目的で開発された女性用バイアグラも最近は話題となっています。

今や男女限らず多くの人から愛される医薬品と言えるでしょう。

>>バイアグラの通販はこちら

即効性が自慢のレビトラ

レビトラ

バイアグラに次いで、ドイツのバイエル社が開発したED治療薬が「レビトラ」です。

レビトラもED治療に効果的な医薬品であるのはもちろんそうなのですが、レビトラ最大の特徴となっているのはなんといっても即効性でしょう。

レビトラにはバルデナフィルという成分が含まれているのですが、このバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っています。

そのため吸収が良く、他のED治療薬よりも素早く効果を発揮してくれるのです。

レビトラのパッケージにマッチによる炎のマークが描かれているのは、「マッチで火をつけるように素早く効果が出る」という意味合いとなっています。

また、レビトラという名前にはきちんとした由来があります。

レビトラは英語表記で「LEVITRA」と書くのですが、「le」はフランス語で男性名詞をあらわす際に用いられる冠詞、「vitra」はラテン語で生命という意味です。

つまり、「男性の生命」という意味が込められており、男性にとって厄介なEDを改善してくれるED治療薬にはピッタリな名前となっていますので豆知識として覚えておいてはいかがでしょうか。

長く楽しみたいならシアリスで

シアリス

3番目に登場したのが「シアリス」です。

日本のイーライリリー社が開発したED治療薬となっており、現在はバイアグラを抜いて世界一のシェア率となっています。

ED治療薬といえばバイアグラが名実ともに圧倒的な支持を得ていたのですが、今ではシアリスを愛用する男性の方が多くなっています。

バイアグラの効果が強力な反面、副作用が出やすいというのもありますが、シアリスがここまで人気を伸ばしたのにはシアリスならではの理由ももちろんあります。

シアリスはED治療薬の中でもダントツで効き目の持続時間が長くなっており、少なく見ても1日は効果を持続させることができます。

そのため、仕事の終わる金曜日の夜から服用しても、土曜日の夜、長ければ日曜日の昼間まで性行為を楽しめるということで「ウィークエンドピル」という呼ばれ方をすることもあります。

>>シアリスの通販はこちら

3大ED治療薬を比較

ED治療薬を比較する医者

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3大ED治療薬は、どれもED改善において効果的です。

この点は同じなのですが、今紹介したように各ED治療薬にはそれぞれ異なる特徴があることを覚えておきましょう。

バイアグラは勃起力、レビトラは即効性、シアリスは持続時間がそれぞれ優れているため、みなさんが何を重視するかによって使用するED治療薬を選んでいくといいでしょう。

また、3大ED治療薬にはこうした特徴以外にも違いがあるので簡単に紹介していきましょう。

まず、医薬品を使用するにあたって気になる副作用ですが、バイアグラが特に出やすく、レビトラとシアリスは出にくいという違いがあります。

ED治療薬の副作用は基本的に軽度な症状で済むことが多いのですが、そうは言っても決して発症して気分の良いものではありません。

できることなら誰でも副作用を感じることなくED治療を進めていきたいことでしょう。

そういった意味ではレビトラやシアリスの使用がオススメです。

続いて、ED治療薬を使用するうえで重要な食事の影響についてです。

医薬品を服用するとき、食前食後のどちらに服用するかが決まっていることが多いです。

これは、胃に食べ物が残った状態だと吸収が阻害されてしまい、モノによってはその医薬品の効果が最大限に発揮されない可能性があるからです。

ED治療薬を服用する場合も重要なポイントになるのですが、こちらに関してもレビトラとシアリスはそこまで食事の影響を受けません。

もちろん食べ過ぎると吸収を阻害する可能性はありますが、ふだん通りの食事であれば気にすることはないでしょう。

しかし、バイアグラを服用する場合は注意が必要です。

バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬となっているため、服用するタイミングを考えなければいけません。

ベストは空腹時の服用ですが、もし食事をしたという場合は最低でも3時間の間隔を空けたうえで服用するようにしましょう。

ちなみに、食事の影響を受けにくいというレビトラやシアリスに関しても、最大限に効果を発揮させたいのであれば空腹時の服用がオススメです。

こうした違いを見ていると、バイアグラが他の2種類に比べて劣っている印象を受けるかもしれません。

しかし、バイアグラは販売当初から今に至るまで高い人気を誇っていることからもわかるように、その実力や安全性はお墨付きです。

決してバイアグラがダメなED治療薬というわけではないので、その点は安心してください。

ED治療薬はどのように効果を発揮するのか

ED治療薬の効果を感じている男

先ほども紹介したように、ペニスが勃起するために重要なのは血管の拡張による血行促進です。

動脈硬化などの生活習慣病によってEDとなってしまうのは、血管が縮んでしまってうまく血液が流れなくなってしまうからです。

男性が性的刺激を受けて興奮したとき、cGMP(環状グアノシンーリン酸)という物質が生成され、これによって血管が拡張します。

ただ、性的興奮がおさまってもこのcGMPが働き続けてしまうと、男性は常に勃起しているという恥ずかしい状態になってしまいます。

そこで、cGMPのはたらきを抑制し、血液の流れを正常な状態に戻してくれるのがPDE5(ホスホジエステラーゼ)です。

本来であればPDE5は勃起状態を鎮めるために欠かせない酵素となっているのですが、これが常に過剰生成されてしまい、cGMPの生成量を上回ってしまうと、性的刺激を受けても血管が拡張されなくなってしまい、勃起しなくなってしまうのです。

ED治療薬はこのPDE5のはたらきを抑制する効果があり、「PDE5阻害薬」とも呼ばれています。

ED治療薬によってPDE5のはたらきを抑えれば、それによってまたcGMPが血管を拡張してくれるのです。

ただし、ED治療薬はあくまでも勃起できる状態に戻してくれる医薬品だということを頭に入れておきましょう。

よくED治療薬に対し、「服用すると強制的に勃起する」「性欲が溢れてくる」といった勘違いをしている人がいます。

ED治療薬に興奮作用は含まれていませんし、服用したからといって勃起することはありません。

ED治療薬を服用したとしても、勃起させるためには外部からの性的刺激が必要な点は変わりません。

適したED治療薬を選ぶ

適したED治療薬を選ぶことをすすめる医者

数多くの病気・症状がありますが、どんな病気にしても私たちを苦しめるモノに変わりはありません。

しかし、現在は医療技術が進んでいることから、各病気・症状に効果的な治療法が確立されています。

そのうえ、その病気・症状に適した治療薬も開発されていることから、薬物療法も安心してできるようになっています。

ただ、各医薬品はそれぞれ特定の病気・症状を治療するために開発されているため、それ以外の病気・症状に対しては最大限に効果を発揮してくれません。

正しく安全に治療をおこなうためには、その病気・症状に適した医薬品を使用することが必須条件となっています。

ED治療薬に関しても同じで、みなさんの症状や目的に合ったモノを使用すべきです。

例えば、「勃起時の硬さが不十分なことから性行為が楽しめなくなっている」という場合、そこまで勃起力に優れているわけではないシアリスを服用したとしても、みなさんの悩みが解決されない可能性があります。

ですが、勃起力に優れたバイアグラを服用すれば、悩みの種となっていた勃起時の硬さを改善させることができるでしょう。

EDになったからといってどのED治療薬でもバッチリ改善できる、というわけではないので注意しましょう。

ED治療薬にもジェネリック医薬品がある!

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品を紹介する医者

ふだん病気を患ったときに何気なくお世話になっている医薬品ですが、医薬品には大きく分けて新薬とジェネリック医薬品があります。

新薬やジェネリック医薬品という言葉自体は耳にしたことがあると思いますが、この違いはきちんと理解できているでしょうか。

新薬というのは、製薬会社が1から開発を手がけてできた医薬品です。

「先発医薬品」という呼ばれ方もするのですが、1から開発をしていく分、新薬の開発には多大なコストが必要になります。

それに対し、ジェネリック医薬品は新薬の特許期間が切れてから、他の製薬会社によって開発される後発医薬品です。

その新薬を基にして開発されているため、新薬のように1から開発を進めていく必要はありません。

新薬と同じ有効成分・製薬方法で開発がおこなわれるため、開発にかかる年数や費用は新薬開発に比べると大幅に削減されています。

新薬とジェネリック医薬品にはこうした違いがあるのですが、この違いによって私たちに大きく影響するのは「薬価」でしょう。

新薬は開発コストが大きいため、その分、どうしても販売価格を高くしなければいけなくなります。

しかし、ジェネリック医薬品は開発コストが大幅に削減されているため、新薬よりも安い販売価格で提供しても問題ありません。

含まれている成分や効果、安全性は同じですが、新薬とジェネリック医薬品とでは薬価がかなり違うのです。

バイアグラのジェネリック医薬品

カマグラ

現在は多くの新薬に対してジェネリック医薬品が開発されています。

3大ED治療薬にもそれぞれジェネリック医薬品が開発されているので、どんなものがあるのかを簡単に見ていきましょう。

まずバイアグラのジェネリック医薬品ですが、有名なのはカマグラやスーパーカマグラでしょう。

他にもシラグラやシルビトラなどがありますし、女性用バイアグラとして開発されているラブグラもバイアグラのジェネリック医薬品となっています。

どのジェネリック医薬品にしても主成分はバイアグラと同じシルデナフィルですし、バイアグラの効果・特徴をそのまま引き継いだED治療薬となっています。

レビトラのジェネリック医薬品

バリフ

レビトラを基にして開発されているジェネリック医薬品として、まず知っておきたいのはバリフでしょう。

また、バリフをゼリー状にしたバリフゼリーも人気が高いですし、ブリトラやジェビトラもレビトラのジェネリック医薬品として有名です。

どれもレビトラと同じく、バルデナフィルを主成分とし、即効性に優れたED治療薬となっています。

シアリスのジェネリック医薬品

タダライズ

シアリスのジェネリック医薬品としてよく話題となるのはタダシップでしょう。

他にもタダライズやタダリフトなど、「タダ○○」という名前のジェネリック医薬品が多くなっています。

主成分はどれもシアリスと同じタダラフィルなので、長い時間その効果を楽しみたいという男性にはおすすめです。

ED治療薬の購入方法は?

EDになったらまず医師に相談

EDになったことを告げた男

EDは何の前触れもなく突然起こる症状です。

「昨日までは問題なく彼女とエッチができていたのに…」というケースも充分にありえます。

だからといって焦ってはいけません。

もしかするとその日の体調が優れていなかっただけかもしれませんし、仮に何度も同じ症状が続いてEDの可能性があるとしても、ED治療薬を使えば改善させることができます。

もし何度も正常に勃起しない状態が続き、EDの可能性があるとなった場合、まずはED治療をおこなっている医療機関へ行って医師に相談してみましょう。

EDはペニスに関する症状ですので、診察や治療ではペニスを医師に見せなければいけないと思っている男性が多いです。

しかし、実際はペニスを見せるどころかズボンを下ろすこともなく、基本的に10分程度で終わる問診のみとなっています。

ED治療をおこなっている医療機関は男性スタッフのみとなっていることがほとんどですので、問診についても恥ずかしがることなく答えられるはずです。

みなさんの返答を基にして医師が適切な判断・アドバイスをくれますので、スムーズにED治療を進めることができますよ。

もちろん、診察後はみなさんに適したED治療薬を処方してくれますので安心してください。

副作用や併用禁忌薬には要注意

併用禁忌薬への注意を促す医者

医療機関へ行って医師に相談すれば、すぐ適切なED治療薬を処方してもらえます。

これで安心してEDを改善することができるのですが、処方時はさまざまな説明を受けることになります。

用法用量はもちろんですが、副作用や併用禁忌薬に関する説明もしっかり聞いておくようにしましょう。

どんな医薬品をどれだけ正しく服用したとしても、副作用が出てしまう可能性があります。

ED治療薬にも副作用があり、よく報告されているのは顔のほてりや頭痛といった症状です。

ED治療薬は血管を拡張させ、血行を促進させることによってEDを改善します。

しかし、血行が良くなることによって、同時にこうした副作用がどうしても出てしまう可能性があるのです。

ただ、これらの副作用は軽度な症状で済むことが多く、ED治療薬の効果が切れると同時に症状も自然と治まっていくので安心してください。

むしろ、こうした副作用が出ることでED治療薬が効いていると実感できるのです。

しかし、場合によっては重度な副作用を引き起こしてしまう危険もあります。

どんな副作用があるのかをしっかり聞いておき、もし服用時に異変が起きた場合はすぐ医師に相談するようにしましょう。

また、ED治療薬を服用する場合は併用禁忌薬にも注意しなければいけません。

ED治療薬との飲み合わせが悪い医薬品と併用してしまうと、重度な副作用を引き起こす危険があるほか、最悪の場合は命に関わる一大事になってしまいます。

ED治療薬の併用禁忌薬として有名なのは、硝酸剤などの血管拡張作用を持った医薬品です。

ED治療薬自体も血管拡張作用があるため、併用してしまうと相乗効果によって急激に血圧を下げてしまう危険があります。

併用禁忌薬に関する説明もしっかり聞いておくことはもちろん、もし自身がED治療薬を服用しても問題ないのか不安な場合はまず医師に相談するようにしてください。

ED治療薬は専用の通販サービスでも購入可

通販での購入を検討する中年

医薬品、特に処方箋医薬品に指定されているモノは医療機関からの処方が原則となっています。

しかし、最近は個人輸入代行サービスという医薬品専用の通販サービスが注目を集めており、みなさんがふだん利用している通販感覚で簡単に医薬品をネット注文できるようになっています。

個人輸入代行サービス内で販売されている医薬品はすべて海外からの輸入品となっており、日本の薬事法が適用されることのない海外製医薬品です。

日本で処方箋医薬品に指定されている医薬品でも関係なく購入できますし、日本で認可されていない医薬品でも海外からの取り寄せなら入手可能となっています。

海外から医薬品を個人輸入することに関しても、「個人の利用目的のため」であれば法的に許されているので安心して注文できますよ。

ただし、個人輸入代行サービスを使って注文した医薬品を他者に譲渡してしまうと、その瞬間に違法となってしまいます。

必ず注文した本人が利用するという目的でのみ使用するようにしましょう。

個人輸入代行サービスではありとあらゆる医薬品が販売されており、もちろんED治療薬も販売されています。

もしEDに悩んでいるという場合でも、簡単に個人で治療を進められるようになっています。

医薬品専用の通販サービスとはいえ、注文方法に関しては私たちがふだんよく利用している通販サービスと同じです。

サイト内から欲しい医薬品とその個数を選択し、注文するために必要な個人情報を入力。

そしてもう1度注文内容を確認したうえで注文を確定させれば完了です。

ただ、ふだん利用している通販サービスと違う点は、みなさんの手元に届くまでの日数が長くかかってしまう可能性があることです。

個人輸入代行サービスで販売されている医薬品はすべて海外からの輸入品となっているため、どうしても日本国内での通販サービスよりも届くのが遅くなってしまいがちです。

長い場合だと注文してから届くまでに2週間ほどかかりますので、利用する場合はこのことも考慮したうえで早めに注文を済ませておきましょう。

処方からネット注文へ購入方法をチェンジ

ネット注文で購入する男

適切な診察・アドバイスを受けるため、そして自分に合ったED治療薬を処方してもらうためにも医療機関へ通院すべきでしょう。

しかし、それ以降は個人輸入代行サービスを使い、同じED治療薬を注文していくのがオススメです。

こうすることによって毎回通院する手間を省くことができますし、高額な治療費を支払うことなく、手軽に少ない負担でED治療をすることができますよ。

おすすめの記事

バイアグラのシートと錠剤

世界初のED治療薬「バイアグラ」

バイアグラの効果、服用方法とジェネリックを通販で購入する方法

レビトラのパッケージとシート

すぐに効くED治療薬「レビトラ」

レビトラの効果、服用方法とジェネリックを通販で購入する方法

シアリスのパッケージとシート

ゆるやかに長く効く「シアリス」

シアリスの効果、服用方法とジェネリックを通販で購入する方法

ストレスに悩まされている男

EDの正しい知識をつけましょう!

EDの原因と症状、勃起不全の正しい知識