ED治療薬を愛して7年の僕!バイアグラやシアリスの使い道

勃起の仕組み

勃起とは、股間に懸下している陰茎が硬くなり膨張する事で起った状態となる生理現象とされ、四つの要因の相互作用する事により起こると言われ心理や神経、または循環器系や内分泌系があり、必ずという分けではありませんがほとんどの場合に性的な興奮に関連があるとされますが、膀胱に尿が溜まった状態になる事や生活で自然に起こる事もあります。
勃起状態を起す事で膣への挿入が可能になるが、一方でEDを起してしまう事で硬度が不足する事で、膣圧に耐える事が出来ないので押し出される事になる為、膣性交が出来ないあるいは困難な症状になります。
仕組みとしては海綿体に血液を蓄積する事で静脈を圧迫し陰茎の内圧を上昇させる事で硬く長く太くなりますが、四つの要因のどれか一つでも正常な機能を果たさない事で血液を送る為に血管を拡張する事が出来なくなり治療を要する様になります。
原因には、大きく分ける心と体にあり、これがきっかけとなり相互作用が出来なくなり陰茎の硬度を不足させてしまい性行為が出来ない事で欲求を解消する事が出来ず、精神により負担をかける事で心に悪影響を及ぼし症状を悪化させてしまいます。
また不規則な生活で起こる病気や循環器系あるいは神経系の疾患を患う事で、血管や神経の働きを鈍らせてしまう事や年齢が進むに連れ機能の衰退、内分泌の低下等により体に起こっている事が引き金になる事もあります。
治療は薬剤投与の必要があり、国内での治療は保険の適応を受ける事が出来ませんが服用者のほとんどの男性の方が再び十分な硬度を取り戻す事ができ、また心、体どちらの原因でも改善する事が出来るので有効な治療方法となり、推定でも1800万人にいる男性の方で投与を行っている方も少なくありません。
EDは合併症を併発する事があり、患者の三割には早漏症を起してしまう事もあり、併発しない場合でも放置は悪化に直結する為、抵抗感を持つ方もいますが早期の治療を検討する様にして下さい。